0から1へ。世界に広がる創造力を

どうも。山田祥太でございます!

スポンサードリンク

初めまして。つくるの特攻隊長、山田祥太です。←弟の方です!

特攻隊長ってどうなの?という疑問ものこりますが、

初のブログを書かせていただきます。

前回のブログで、つくる代表の浩太氏が仕事観について語っていた中で、

「仕事が楽しい!」「毎日が充実している!」という人間には魅力がある!

と語っていました、そしてあの日この2つを僕から感じた!と言っていました。

最初見たときは、「兄弟でこっぱずかしい事言うなよ!笑」と思いましたが、

よくよく考えてみると「あれ?確かに楽しいな!充実しているな!」と一人で

ニヤニヤしてた自分がいました!しかしこの思いを維持するのが一番難しいことだと

思います、逆に言うと必ず維持させねばなりません!スピード且つ確実に今の壁を越え

ていき、どんどん新しい事にチャレンジし常にルーキー精神をもって頑張っていきますので、

どうぞ“弟の方”で覚えるのではなく“山田祥太”の方で覚えてください!

宜しくお願いします。

さて話しは変わりますが、いま僕が勉強….. というか興味をもっている事について少し

お話しさせてください。

それは何かというと「デザイン」です!

デザインって何?ということを考える事が多くなり、前までは”カッコイイ・綺麗”なもの

だろうと、ただ見た目に関しての認識でした。

しかし、色々と勉強させてもらう中で「あ〜デザインってそおいう事か」と思わしてもらった、

名デザイナー達の言葉を何個かご紹介させてください。


“Design’s fundamental role is problem solver.”

デザインの基本的な役割は、問題の解決者であるということ。


“Design is not just what it looks like and feels like. Design is how it works.”

デザインとは単にどのように見えるか、どのように感じるかということではない。どう機能するかだ。


“The only important thing about design is how it relates to people.”

デザインにおいてたったひとつ重要なことは、それをどうやって人々と関連付けるかということだ。


“A design isn’t finished until somebody is using it.”

デザインは、それを誰かが使って初めて完成する。


“To say that something is designed means it has intentions that go beyond its function. Otherwise it’s just planning.”

デザインするということは、それに機能を超える意思を持たせるということだ。それがなければただの設計にすぎない。


正直この言葉たちを具体的に把握しているか?と言われたらできていませんが!

僕なりに勝手に解釈した結果、「デザイン」とは「機能」そして「その機能を人が使う」

もっと言ってしまえば、「機能的なのは当たり前」その上でこのデザインに関して人が「楽しくなる」

「わくわくする」「もっといじりたくなる」と思われて初めてのデザインと呼ばれるのかなぁと

思いました。しかし誰しもがデザインに答えはない!と言われているものなので、自分自身のデザインに

対する拘りを「つくる」ことにします!

最後に、トップ画像は僕が勝手に自作した「つくる」の壁紙です(背景は某サイトからいただきました)

ちなみに僕のPCの壁紙はコレです。「ん?」と思う人もいるでしょうが、確かに前の僕だったら違う

デザインになっていると思います。デザインに対しての認識が変わって、初めて作った第一作目です。

ほんの少しでも何かを感じとってくれた幸いです。

スポンサードリンク

山田 祥太(ヤマショウ)

【Co-Founder】

つくる合同会社のお笑い担当?いやいや、デザイナー・ブロガー・メディア営業などを日々、真面目にふざけながらやっております。

最近の人気記事ベスト5!